インフラエンジニアの転職

インフラエンジニアの転職

SESから自社開発 転職タイミング

2020年6月25日

SESのインフラエンジニアに未経験として就職し経験を積み、自社開発企業のインフラエンジニアとして転職をしたい、という方も多いと思います。

何せ自社開発企業はSES企業と比較して数が少ないですし、未経験者の応募は不可の場合も多いですよね。

色々と調べてSESと自社開発があり、自社開発企業の方がメリットは多そうだけれど未経験は不可・・・

SESから自社開発企業にステップアップを目指して転職するという道はありです。

SESから自社開発インフラエンジニアに転職するために必要なステップ、転職エージェントの活用についてご紹介しています。

SESから自社開発インフラエンジニアへ転職することは可能ですしオススメ

SESとはSystem Engineering Service(システム・エンジニアリング・サービス)の略です。

働き方としては、システム開発における客先常駐を主に指します。

SESは未経験者歓迎の中途採用も多く、未経験からエンジニアになりたい方にとってIT業界の入り口となります。

そのため、SESでは様々なバックグラウンドを持った人がエンジニアとして働いてい、といった企業も多いです。

元営業マン、保育士、調理師、フリーター、公務員、塾講師、販売員などなど・・・前職が本当にブラック過ぎてSESの働き方が楽、という方もいました。

SESにはSESのメリットもあります。

ただ、デメリットの方が多いと感じているからこそ、自社開発企業に転職したいインフラエンジニアの方も多いのだと思いますが、それはそれ、といったところでしょうか。

入社してから派遣されるまでに研修があるSES企業がほとんどですから、IT業界未経験でも最低限のスキルを身に付けて働くことができます。

SESから自社開発インフラエンジニアへ転職することは可能ですしオススメです。

未経験からSESのインフラエンジニアとしてある程度、経験を積むことができたなら自社開発企業のインフラエンジニアへの転職を目指すことは、十分チャンスがあります。

SES企業から自社開発企業エンジニアに転職したい理由

未経験からIT業界へ就職・転職するためにSES企業でエンジニアとして働き始めたけれど、

  • 年収が低い、将来的にも年収アップしにくい
  • スキルが身に付かない
  • 上流工程に携われない
  • 将来性への不安
  • 職場が転々とするのがツライ

といったような理由から、SESの客先常駐を辞めて、自社開発インフラエンジニアとして転職を希望される方は多いと思います。

年収の低さ、今後もSES企業で働き続けても年収が上がりにくい、ということは仕事を続ける上でのモチベーションを大きく削ぐのではないでしょうか。

また年齢が上がってもSESで客先常駐する場合には、PMやPLを経験することはほとんどありません。

エンジニアとして、年齢に見合った経験(要はマネジメント経験)が必要です。

40代、50代と将来のことを考えて、SES企業から自社開発企業へ転職を希望されるエンジニアは多いといえるでしょう。

SES(客先常駐)エンジニアから自社開発エンジニアへ転職することは可能です。

実際、多くの20代、30代のSESエンジニアが転職されていますので、ぜひ転職エージェントを利用して、求人をお探しになってみてください。

自社開発企業も大変なところは大変です。

ただ、それに見合った給料は貰えるでしょうし、スキルアップもできるはずです。

その後は、フリーランスエンジニアとして活躍するなど、また展望も開けるのではないでしょうか。

SES(客先常駐)から自社開発のエンジニアに転職するために

SES(客先常駐)から自社開発のエンジニアに転職するには、IT業界を専門とする転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

IT業界、エンジニアの転職に特化した転職エージェントを利用するメリットは、企業の詳しい情報を持っていることです。

エンジニアの開発業務も細かく分かれますから、門外漢のコンサルタントにはどれも同じように見えてしまうこともあるようです。

IT業界に特化した転職エージェントのコンサルタントやアドバイザーは業界知識も深く持っている人が多いため、エンジニアの希望条件をしっかりと理解しマッチした企業を探し、求人を提案してくれます。

IT・WEB業界を専門とするレバテックキャリアは、転職エージェントの中でもアドバイザーの知識が豊富といった口コミ・評判が多いですね。

こうした転職エージェントを利用されて、自社開発企業のエンジニア求人を探す方法がおすすめです。

自社開発インフラエンジニアの転職、おすすめ転職エージェント

自社開発企業を探す場合、求人の中心は東京都となります。

次いで大阪でしょう。

地方になると求人は減少するため、転職活動も長く期間を見積もることが必要かもしれません。

全国対応のエージェントを利用することも必要です。

全国の支社の多い転職エージェントを利用することでお住まいの地域のエンジニア求人を手に入れやすくなりますよ。

全国対応の転職エージェントとしては、

  • マイナビエージェント×IT
  • ワークポート

がおすすめです。

前述のレバテックキャリアは首都圏、大阪のエンジニア求人に強いです。

自社開発企業のインフラエンジニアへの転職、おすすめ転職エージェント

エンジニア転職エージェント

⇒ マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラスです。
地方の転職活動にもおすすめ。

⇒ ワークポート

ワークポートは求人数豊富な転職エージェント。全国の求人を探せます。
未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としていることも特徴です。

⇒ レバテックキャリア

レバテックキャリアはアドバイザーがIT業界に精通していることも高い評価の理由です。
求人数も多く、エージェントの転職では大手となります。

東京周辺の求人を探すなら、レバテックキャリアは欠かせません。

⇒ ギークリー

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化している転職エージェントです。
こちら方面の仕事を希望される場合には、ぜひ活用してみてください。

自社開発企業で働くメリット

自社開発企業で働くメリットとして大きいのは、

  • 給料、年収が高め
  • 上流工程に携われる機会がある
  • 自社開発なので気持ちが楽
  • 自社開発なのでチャレンジが可能
  • 研修が手厚く、育てる意識が強い企業が多いので教えてもらえる

などが挙げられます。

もちろん企業によって千差万別ですから入社して、そうでもない、といった可能性もあるかもしれませんが、自社開発企業でブラックだった、もう辞めたい・・・といった可能性は低いでしょう。

デメリットはやはり自社開発企業は求人が少ないこと。

転職のハードルが高いことでしょう。

自力で転職を目指すよりも、対策をサポートしてくれる転職エージェントを利用した方が成功率は高いはずです。

エンジニアとして市場価値を知る方法

未経験からIT業界へ就職、それ以来、SESでずっと働いてきた・・・というエンジニアの方にとっては、自社開発企業へ転職したいと思っても通用する?という不安もあると思います。

市場価値がわからないことが理由です。

応募しても連続で不採用になったらキツいしなあ・・・と思い始めると、転職活動もなかなかスタートできませんね。

市場価値を知る方法としておすすめなのは、

転職エージェントに相談してみる方法

です。

転職エージェントを利用して市場価値を知る

今のスキル・経験で転職活動をした場合、どういった転職先なら可能性があるのかを客観的に教えて貰うことが出来ます。

良い求人もあれば、提案して貰えるでしょう。

転職エージェントの活用法としては、

「今すぐでは無いけれど、良い求人があれば応募したい」

といった活用法もあります。

紹介された求人に必ず応募しなければならない、といったこともありませんので安心してください。

これまでに多くのエンジニアの転職をサポートしてきた転職エージェントを利用することで、客観的に転職についてのアドバイスを貰うことができます。

企業の採用担当者からも情報を得ていますから、その情報は確実性が高いといえます。

自社開発企業の求人に応募してみる

また興味を持った自社開発企業のエンジニア求人があった場合、思い切って書類を出してみる方法もあります。

書類審査で落ちる場合には、スキル・経験が不足しているといえます。

志望動機も重要ですが、スキルが不足しているとやはり書類選考で落ちることは多いでしょう。

ただ、この方法だとなぜ不採用になったのかを確認出来ないため、やはり転職エージェントを利用した方が得られる情報は多いです。

転職エージェントを活用されて、アドバイスを貰う方法がおすすめです。

SESから転職するのに良いタイミングとは?

退職願い

SES・客先常駐で働いているエンジニアはもう辞めたい。

じゃあ、いつがSESから転職する良いタイミングなんだろう・・・と考えているエンジニアの方も多いと思います。

SESは未経験からエンジニアになるための入り口としては、中途採用もされやすいのでメリットもあります。

しかし、SES・客先常駐エンジニアとして長く働くデメリットがあるため、ステップとしてどこかのタイミングで自社開発会社へ転職したり、上流の会社へ転職を目指すことが重要になりますよね。

退職したい、と上司に伝えてもタイミングが悪いと却下されますし、想像以上に先延ばしにされたりします。

本来は会社側は退職を拒否するなどはできないのですが、プロジェクトの途中で代わりの人材をアサインできない、など言われてしまうと「退職はもう少し待つか・・・」と思ってしまうエンジニアが多いのではないでしょうか。

法的には退職は2週間前に伝えれば問題ないのですよね。

SESから転職するタイミングを考えた場合、契約更新の前が良いタイミングといえます。

SESは基本的には3ヶ月契約が多いので、さりげなく営業担当者に契約時期を確認すると良いかもしれません。

他には辞める良いタイミングは工程の区切りといえます。

2ヶ月程度の期間で考えていれば、退職しやすいタイミングがある場合が多いでしょう。

ですから、退職の意思に関しては説得の時間もかかると見越して早めに伝えた方が良いでしょう。

転職先が決まっている場合には、早めに伝えた方が良いです。

上司に言ってダメなら、さらに上の上司、役職者に伝えるなど対策が必要な可能性もあるためです。
(まともな会社なら、上司に伝えれば退職の手続きは進むはずですが・・・)

退職について上司に言いにくいな・・・と思っている場合ではありません。

SESエンジニアから自社開発エンジニアに転職するには

SES企業のインフラエンジニアから自社開発企業のインフラエンジニアへと転職を目指す場合。

IT・WEB業界を専門とする転職エージェントを利用されることをおすすめしています。

SESはIT業界ならではの働き方です。

IT業界に特化して転職エージェントは当然、SESについての知識を持っています。

そのため、SES企業のエンジニアの転職理由も共通するものが多いでしょうから、把握しています。

適切な情報をもらえるでしょう。

SESエンジニアから事業会社、自社開発・案件が多い開発会社に転職したい場合、おすすめの転職エージェントは先ほどもご紹介しましたが、次のような転職エージェントとなります。

社内開発の会社、自社開発の求人案件も多く見つかる転職エージェントとなりますので、情報収集に便利です。

IT転職エージェント

業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラス、
⇒ マイナビエージェント×IT

アドバイザーがIT業界に精通、首都圏の求人なら、
⇒ レバテックキャリア

求人数豊富な転職エージェント。未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としている、
⇒ ワークポート

IT・Web・ゲーム業界に特化している転職エージェントとして、
⇒ ギークリー

などがおすすめです。

-インフラエンジニアの転職
-, ,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェント , 2020 All Rights Reserved.