フリーランスエージェント

フリーランス

インフラエンジニア フリーランスの始め方

2020年6月20日

インフラエンジニア フリーランスの始め方、そしてフリーランスインフラエンジニア案件を多く扱っているエージェントについての話題を掲載しています。

インフラエンジニアはフリーランス需要も高く、独立して食べていこうという際にはエージェントを利用することでそこまで苦労せずに案件獲得を目指すことが出来ます。

経験が一定年数あれば、会社員として働き続けるよりも高年収が得やすいのがフリーランスインフラエンジニアの魅力でといえます。

フリーランスインフラエンジニアとして活動されている方の平均年収は、720万円~960万円と言われていますし、年収1000万円以上を狙うことも可能です。

年収アップの他にもフリーランスインフラエンジニアの魅力はあります。

フリーランスになる方法、どのエージェントがフリーランスインフラエンジニア案件が多いのか、といったことを解説しています。

フリーランスインフラエンジニア案件ならここ!

インフラエンジニア案件に強い、おすすめエージェントはこちら

フリーランスエンジニアなら大手エージェントの活用が案件豊富でおすすめです!

インフラエンジニア フリーランスの始め方

フリーランスインフラエンジニアとし独立するタイミング

フリーランスインフラエンジニアを始めるタイミングっていつがいいの?

というフリーランスエンジニアとして働き始めるタイミングに迷っている方も多いかもしれません。

年収という点と、得られる経験という点で考えると、フリーランスインフラエンジニアとして独立に良いタイミングとしては20代が挙げられます。

フリーランスエンジニアとなる以上、稼げることが重要です。

フリーランスエンジニアが稼げる年代があるんです。
稼げる間に稼ぐことはフリーにとっては鉄則ともいえます。

年齢別のフリーランスエンジニアの平均年収

年齢別のフリーランスエンジニアの平均年収として参考になるのが、下記です。

フリーランスエンジニアの平均年収

出典:フリーランスエンジニア100人に聞いた年収調査【相場グラフつき】(SE HACK)

正社員の年収と比較して、フリーランスエンジニアの方が高年収となっているのは40代までとなっています。

50代になると、正社員の方が基本的には年収も上がってきていて、安定して高年収が得られると考えて良いでしょう。

フリーランスエンジニアの方でも、スキル、マネジメント経験などが豊富な方は50代でも高単価で案件に参画されている方も多いですが、基本的には一握りと考えて良いでしょう。

企業によって、高いお金を払っても参画して欲しいフリーランスエンジニアになれているかどうかが重要になります。

そこまでの経験を積むことが出来なかった場合は、若いフリーランスエンジニアに仕事を取られることになっていくため、単価の安い、請けやすい案件に参画することが増えていくとも考えられます。

他には年齢とともに難しい案件への挑戦意欲が減ってしまい、参画しやすい案件を選ぶ傾向があるのかもしれません。

フリーランスエンジニアが稼げるのは20代、30代、40代

フリーランスインフラエンジニアが稼げるのは20代、30代、40代となります。

生涯賃金で考えることも大切です。

数千万円以上の差が出ることもありますからね。

会社員として仕事を続けても、毎年の昇給で上がる基本給は数万円でしょう。

フリーランスインフラエンジニアとして独立して経験を積んでいくことで、年収600万円以上は比較的、早期に超えられる方が多いのではないでしょうか。

20代後半で平均年収700万円と考えて良いですから会社員の年収の2倍といった方も少ないでしょう。

エージェントを利用してスキルアップに繋がる、少し難しい案件なども探していくことが可能です。

またエージェントとしても高単価の案件に参画出来るフリーランスエンジニアは貴重ですから、サポートも力をいれて行ってくれるでしょう。

積極的に活用して、経験を積める案件獲得を相談してみてはいかがでしょうか。

今の経験でフリーランスインフラエンジニアとして独立して、案件が見つかるのかどうか、単価や年収はどうか、といった相談も可能です。

インフラエンジニアとして実務経験が1年以上あれば、案件獲得は十分可能ということです。

インフラエンジニアにおすすめフリーランスエージェント

インフラエンジニアにおすすめフリーランスエージェント

フリーランスエージェントには、

⇒ レバテックフリーランス

⇒ ギークスジョブ

⇒ techcareer freelance(テクフリ)

などがあります。

レバテックフリーランスが求人案件数が豊富です。

インフラエンジニアがフリーランスになる方法

エージェントに相談をしてみて、やっていけそうだ、といった安心感を得てからの独立が精神的にも良いのではと思います。

さらに、フリーランスのエンジニアとして独立するためには、次のことを独立前にすることが必要となります。

独立の手続き(個人事業主開業)

フリーランスとして案件に参画して収入を得ると、確定申告が必要になります。

そのための準備が欠かせません。

  • 税務署への開業届け・青色申告書提出
  • 役所への保険・年金変更届け
  • 印鑑作成や通帳作成など

屋号とかは基本的に自分の好きなものをつけて構いません。

また売上げを管理することを考えると、個人事業主として売上げの振り込みを受ける口座は、何か一つ専用に用意するのがおすすめです。

そこから生活費用の口座にまとめて振替えをすると、仕訳がしやすいです。

また、クレジットカードの審査が通りやすい会社員の間に、経費用のクレジットカードも1枚作っておくことをおすすめします。

個人事業主になると、クレジットカードの審査が通りにくくなります。
(実話)

スキルシートの作成

フリーランスエンジニアとして働く場合、スキルシートがあると案件獲得の際に便利です。

自分のスキルをまとめた資料をぜひ用意してみてください。

クライアントの立場で分かりやすいスキルシートを作ることが大切ですね。

スキルシートの出来で単価が変わることもあるかもしれません。

フリーランスインフラエンジニア案件を探す

仕事をして収入を得るために、自分に合ったフリーランスインフラエンジニア案件を探します。

案件獲得の方法としては、

  • 独立前の人脈
  • フリーランスエージェント経由

となるエンジニアの方が多いのではないでしょうか。

おすすめは、フリーランスエージェント経由での案件獲得です。

インフラエンジニアがフリーランスで働くメリット

フリーランスインフラエンジニアになった時のメリット・デメリットについてです。

フリーランスのインフラエンジニアは参画する案件を自由に選べる

会社員の頃は上司から指示されたプロジェクトに参加しなくてはなりませんでしたが、フリーランスになると自分で自由に案件を選べるようになります。

もちろんクライアントが求める仕事が出来ることが前提になりますから、経験に応じて、といったことにはなりますがやりたくない仕事をイヤイヤ選ぶ必要はありません。

スキルアップ、経験を積める案件に積極的に挑戦していくことも可能です。

契約更新、解除を自分の意志で決定できる

フリーランスは自分の意思で決定できることが増えます。

加えて会社員時代と比べて高収入が得やすいため、半年頑張って働いて1ヶ月休む、といったことも可能です。

仕事が一区切りしたら一旦自由に休日、連休を取り、リフレッシュしてまた案件獲得に動くことも出来ます。

実際、長期の休みを取り、海外旅行を楽しんでまた働く、といったフリーランスエンジニアの方もいらっしゃいます。

インフラエンジニアがフリーランスで働く場合、深夜の対応、緊急対応が無い

インフラエンジニアがフリーランスエンジニアとなるメリットでよく目にするものとして、

「電話がかかってこない、呼び出されない」

というものがあります。

インフラは安定稼働が原則ですから、正社員なら夜間でも電話が来て対応しなくてはならないこともあります。

しかし、フリーランスには呼び出しはありません。

これが精神的に一番のメリットだった、というフリーランスインフラエンジニアの方も。

フリーランスのインフラエンジニアは年収アップしやすい

先ほどもありましたが、フリーランスインフラエンジニアになると会社員時代よりも高年収になる方が多いです。

スキル・経験が浅い場合には単価は安くはなりますが、経験を積むと共に高単価で案件に参画できるようになります。

全くの未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しいですが、経験1年未満でフリーランスとして独立される方もいます。

フリーランスの魅力は、スキル・経験に応じて年収アップを目指していけることです。

例えば、

⇒ レバテックフリーランス

⇒ ギークスジョブ

などを利用して案件獲得する場合など、経験が浅いインフラエンジニアの方でも年収500、600万円~は見込めるのではないでしょうか。
(ぜひ案件の状況を相談してみてください)

経験年数5年以上の方やフリーランス経験のある方であれば、年収800万以上も目指せるかもしれません。

フリーランスエンジニア、需要が高いのはAWSなどクラウドサービスのスキル

需要が非常に高いのはAWSなどクラウドサービスです。

インフラエンジニアの方で、AWSを業務で扱ったことがある方も多いかもしれません。

スキルがあるインフラエンジニアの方はもう少し年収が上がるケースも多いです。

インフラエンジニアの平均年収は450万円前後と言われます。

それに対して、フリーランスインフラエンジニアとして活動されている方の平均年収は、720万円~960万円と言われています。

フリーランスになって年収アップされる方は多いでしょう。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアのデメリットとして、次のようなものが挙げられます。

  • 収入が不安定になる可能性がある
  • 営業、契約周り、税金関係を自分でやる必要
  • 社会保険に加入できない
  • インフラの仕事は在宅、リモートワークは難しい

といったことなどがあります。

フリーランスエンジニアとして独立前、一番の不安は「収入の安定性がないこと」かもしれません。

ただ、フリーランス案件を豊富に取り扱っているエージェント(度々ご紹介していますが)を複数利用することで、十分に案件数から参画する仕事を選ぶことは可能です。

フリーランス案件はインフラエンジニアに限らず、他のエンジニアの仕事も東京都が中心です。

大阪も比較的、案件数は多めです。

もちろん地域によって案件数はかなり差がありますので、独立前にはお住まいの地域でフリーランス案件がどれくらいあるかの確認は必須です。

地方の方は、安定した案件獲得はやはり不安はあるかもしれませんね。

他には、フリーランスは社会保険に加入できないこと、確定申告をしなければならないこともデメリットになるかと思います。

インフラエンジニア フリーランスになるなら20代がおすすめ

フリーランスのインフラエンジニアとして独立するのにおすすめの年代、タイミングとして挙げるならば20代です。

これから経験をまだまだ積むことが出来ますし、年収アップの幅が最も大きな年代だからです。

フリーランスのインフラエンジニアとなる一つのメリットは、高年収といって良いです。

会社員で20代のエンジニアの方の場合、年収300万円~400万円といった方が多いでしょう。

フリーランスとなれば年収が2倍になるケースも十分あります。

20代、30代はまだまだモチベーション高く、リスクも取りやすい年齢ということもいえます。

40代に入ってくると、家族もいて安定を考えるかたも実際多くなってくるでしょう。

この頃、正社員としてまた転職される方もいます。

50代となってくるとフリーランスエンジニアになっても会社員の年収とそこまで差が出なくなってきますし、正社員の方が高年収となるケースが増えてきます。

フリーランスインフラエンジニアとなるには、勢いも大切です。

気力・体力が充実している20代、30代はそういった意味でも独立にオススメのタイミングです。

インフラエンジニアおすすめフリーランスエージェント

フリーランスインフラエンジニア案件が多い、おすすめフリーランスエージェントの活用をおすすめします。

インフラエンジニアはフリーランスでの需要も非常に高く、案件数も豊富です。
(東京が案件数豊富です。安定してお仕事ができるでしょう)

エンジニア案件はインフラに限りませんが、東京都の案件数が段違いに多いです。

東京都にお住まいのエンジニアの方、および東京圏内の方は有利にインフラエンジニア案件を探すことができます。

東京以外の案件で考えると、大阪、名古屋、福岡あたりはまだ見つかりやすいかと思います。

フリーランスインフラエンジニア案件をお探しになる場合、おすすめは以下の3つのエージェントとなります。

インフラエンジニア案件のおすすめフリーランスエージェント

⇒ レバテックフリーランス

関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都・兵庫))

⇒ ギークスジョブ

東京、大阪、名古屋、福岡

⇒ midworks

関東1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)

それぞれで取り扱っている案件が異なります。

そのため、求人数、案件内容、エージェントのサポートの手厚さなどを比較するためにも、複数のエージェントの利用がおすすめです。

独立前の相談も可能です。

実際にどういった案件があるか、不安がある方もいらっしゃるかもしれません。

「どんな案件があるか知りたい」

「今の経験でフリーランスになる場合、単価はどれくらいになるの?」

といったことなども相談の際に質問されるのもおすすめです。

フリーランスインフラエンジニア案件ならここ!

インフラエンジニア案件に強い、おすすめエージェントはこちら

フリーランスエンジニアなら大手エージェントの活用が案件豊富でおすすめです!

-フリーランス
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2022 All Rights Reserved.