転職でインフラエンジニアの年収アップ

インフラエンジニアの転職

インフラエンジニアは転職で年収アップ

インフラエンジニアの年収アップ、転職のタイミングで数十万円の年収アップに成功する方もいます。

インフラエンジニアとして転職を目指す方の中には、派遣から正社員への転職を目指している方も多いと思います。

未経験からインフラエンジニアになるには、派遣会社からだとなりやすいですよね。
30代から転職される方もSESからという方も多いでしょう。

キャリアアップのために転職を目指すインフラエンジニアの方も多いと思います。

インフラエンジニアが転職で年収アップするためにはポイントがあります。

やり甲斐を持って働くには年収は高い方が良いですよね!

インフラエンジニアが転職で年収アップするためのポイントについて見ていきましょう。

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収ですが、30歳で年収約460万円と言われています。

35歳では年収約560万円となります。

せめて転職で平均年収、もしくはそれ以上に高い年収アップを成功させたい、というエンジニアの方は多いでしょう。

求人サイトでもエンジニアの職種ごとに平均年収を掲載しているところもあります。

ファインドジョブ インフラエンジニア年収

インフラエンジニア(ネットワーク・DB・サーバ構築)の平均年収は456万円となっています。

インフラエンジニア(ネットワーク・DB・サーバ構築)の平均年収・給料・給与より

SESとして客先常駐でインフラエンジニアの経験を積み、正社員での転職を目指す方も多いと思いますし、正社員としてさらにキャリアアップのために転職を目指す方も多いでしょう。

転職のタイミングで30万円、50万円、中には100万円近い年収アップに成功する方もいるようです。

年収アップの転職を成功させるには、次のようなポイントがあります。

インフラエンジニアが転職で年収アップするためのポイント

インフラエンジニアは需要が高いITエンジニア職です。

将来性もありますので、ぜひスキルアップして年収アップも成功させてください。

転職の際に評価され、年収アップにつながりやすい点には、次のようなものがあります。

スキル・経験

インフラエンジニアとしてやはり評価の対象になるのは、スキル・経験です。

転職先企業が特に採用したいスキル・経験を持っている場合には、年収で評価されることも多くなるでしょう。

マイナビエージェントやレバテックキャリアなどのエンジニア専門の転職エージェントはそうした内部情報にも詳しいですから、ぜひ情報収集に活用してみてください。

年収アップのための給与交渉も行ってくれます。

今、需要が高いのはクラウドに関しての知識、スキルがあるインフラエンジニアです。

資格取得

企業によっては資格取得していることによって、給料が上乗せされることもあります。

また資格があることによって、客観的にスキルや知識があることをアピールすることが出来ます。

  • LPIC
  • CCENT
  • CCNA
  • CCNP
  • CCIE

など、やはり難易度の高い資格ほど評価されることが多くなりますので、業務で忙しいとは思いますが計画的に学習を進めて資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格があることで、転職自体にも有利に働くことが多くなります。

リーダー経験、マネジメント経験

チームリーダーやプロジェクトマネージャーなどのマネジメント経験があると年収アップしやすいです。

大手企業のインフラエンジニアに転職する

インフラエンジニアの年収は、働く企業の規模によって金額が比例することは多いです。

大手企業ほど高年収の傾向はあります。

上流工程も経験することができますし、大手企業のインフラエンジニアへの転職を目指す方も多いのではないでしょうか?

中小企業のインフラエンジニアとして経験を積み、大手企業のインフラエンジニアへキャリアアップを目指す転職は、ある意味、スタンダードともいえるでしょう。

転職エージェントでもこうした転職事例は多いので、しっかりとサポートしてくれるはずです。

年収アップならフリーランスインフラエンジニアになる方法もあり

年収アップを目指すことを考えた場合、フリーランスインフラエンジニアになる方法もあります。

実務経験が1年、2年とあればフリーランスでもインフラエンジニアとして案件を探す事が可能です。

⇒ レバテックフリーランス

⇒ midworks

のようなフリーランスエージェントを利用することで、自分の経験に合わせた案件を紹介してもらうことが出来ます。

インフラエンジニアもフリーランス需要が高いので、思いのほか参画可能な案件が見つかるはずです。

レバテックフリーランスによれば、フリーランスインフラエンジニアの月額単価相場は64万円です。

レバテックフリーランス インフラエンジニア単価相場

50万円以上の月額単価の案件から増えています。

経験が浅い間は月額単価も安くはなりますが、案件を経験するごとにスキルアップすることで会社員時代よりもハイスピードで年収アップを実現していくインフラエンジニアの方は多いです。

⇒ レバテックフリーランスでインフラエンジニア案件を探してみる

様々な案件に参加しスキルアップすることで、年収800万円以上も見えてきます。

今の経験でフリーランスインフラエンジニアとして仕事を見つけられるか、どんな働き方になるのか、といった相談も可能です。

多くの案件を経験し、インフラエンジニアとしてスキルアップする

フリーランスインフラエンジニアとなった場合には、定期的に違う案件に参加してスキルアップすることができます。

会社員の場合には、上司から指示された案件に参画することになりますので、同じような仕事が続く・・・といった不満を持つ方もいるかもしれません。

しかし、フリーランスインフラエンジニアは自分で仕事を選ぶことが出来ますから、将来のキャリアも考えながら参画案件を探すことも可能です。

そうすることで、年収アップを少しずつ実現していくこともできます。

インフラエンジニアの年収アップの方法はいくつもあります

この記事では、インフラエンジニアの年収アップについてご紹介しました。

会社員として年収アップを目指す場合には、転職のタイミングが給与交渉しやすいです。

転職先の企業が大手で、スキルや資格が評価されれば、年収が100万円アップするといったケースもあります。

年収が100万円変わるインパクトは大きいですね。

そこまで年収アップしなくても、2.30万円上がるのも嬉しいものです。

スキルや経験を認めて貰えた、という嬉しさもあると思います。

大手転職エージェントで年収アップも目指す

キャリアを考えて転職を目指すインフラエンジニアの方も多いと思います。

ぜひ転職のタイミングで年収アップできるように、給与交渉なども含めてエンジニアの転職をサポートしてくれる転職エージェントを活用してみてください。

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ レバテックキャリア

です。

大手の転職エージェントはやはり求人数が豊富ですし、交渉力も強い場合が多いです。

ぜひ活用をおすすめいたします。

-インフラエンジニアの転職
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェント , 2021 All Rights Reserved.