ITエンジニア、地方への転職

インフラエンジニアの転職

インフラエンジニアが地方で転職するには

インフラエンジニアの求人募集は地方の都市でもあります

インフラエンジニアが不足しており、中途採用の需要が非常に高いのは東京都ですが、地方都市でも転職は可能です。

地方都市、例えば札幌、仙台、静岡、鳥取、広島、福岡などはインフラエンジニア求人もまだまだ見つけやすく、十分に転職を目指しやすいエリアといえると思います。

中にはUターン転職・Iターン転職を歓迎するIT企業もありますので、地方で転職を目指すエンジニアの方は情報収集をぜひ行ってみてください。

東京都から地方へ転職する流れも増加傾向にありますし、地方への転職に興味のあるインフラエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

リモート案件は難しい仕事内容ではありますが、自社開発メインの企業もありますし、地方でも受託案件が好調な企業などインフラ周りの仕事が多い企業も多いです。

インフラエンジニアが地方で転職するための情報収集におすすめ、転職エージェントなどについてもご紹介しています。

インフラエンジニア、地方の中途採用・需要

ぶっちゃけた話、インフラエンジニアの需要が高いのはやはり首都圏です。

特に東京都がインフラエンジニアの求人もダントツに多いエリアとなっています。

しかし、地方都市にもITエンジニアはたくさんいますし、事情あって実家がある福岡市にUターン転職したい、福岡でインフラエンジニアとして働ける転職先を探したい、といったニーズなどもあると思います。

色々な地方都市でインフラエンジニアの求人を調べてみたのですが、求人数の多い少ないはありますが、基本的には全ての都道府県でインフラエンジニアの求人を見つけることができました。
(タイミングによっては、見つからない可能性もあるかもですが)

地方といっても規模の大きな都市(札幌、仙台、静岡、広島、福岡など)は多数のエンジニア求人が見つかります。

Uターン転職、Iターン転職を歓迎する企業もありますので、福利厚生などもチェックされてみるのもおすすめです。

住宅手当が手厚い企業などもあります。

地方に行くとその土地ならではの手当もあります。
寒冷地手当、灯油手当などは北国ならではかと思います。

また地方でインフラエンジニアとして転職先を探す場合、中心都市に企業が集中している傾向があります。

本当の地方に移住や引越をして、ITエンジニアとして転職先を探すのは難しいといえそうです。
IT関連の仕事をお探しになる、転職先をお探しになるのであればその地方の中心都市で、ということになります。

地方のインフラエンジニア求人を見つける方法

地方のインフラエンジニア求人をお探しになる場合、地方にも面談拠点がある転職エージェントの活用がおすすめです。

今はWEB面談も行っている転職エージェントも多いですね。

面談拠点があるということは、転職エージェントの支店などがあるということになります。
その地方の企業にも取材に行ったり情報をしっかりとカバーできるエリアでもあり、紹介可能なエリアということにもなります。

転職先として希望する地方に、支店など拠点がある転職エージェントを利用されるのがおすすめです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界・エンジニア転職では大手エージェントとなります。

約6000件以上の求人を保有しています。

インフラエンジニア求人も500件以上の求人数を保有しており、高年収の求人が多いことが特徴です。
(求人数は時期によって増減します)

様々な業務内容でのインフラエンジニア求人がありますので、希望条件で相談してみてください。

レバテックキャリアの拠点は、

  • 渋谷(東京本社)
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

となります。

(対応エリア:東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡)

愛知、福岡で転職を希望される場合には、レバテックキャリアは情報収集におすすめです。

レバテックキャリアの特徴はキャリアアドバイザーが技術に強いということです。

また年収アップの転職に成功されるエンジニアも多いことも特徴として挙げられます。

⇒ レバテックキャリア 詳細はこちら

ワークポート

ワークポートは元々はIT・WEB・ゲーム業界を専門としていた転職エージェントです。

現在は総合転職エージェントですが、IT特化の転職エージェントと比較しても、負けない求人数があります。

インフラエンジニアも含め、ITエンジニア求人に非常に強い転職エージェントです。

拠点は以下となります。

  • 本社オフィス
  • 埼玉オフィス
  • 横浜オフィス
  • 千葉オフィス
  • 仙台オフィス
  • 名古屋オフィス
  • 大阪オフィス
  • 京都オフィス
  • 神戸オフィス
  • 岡山オフィス(中四国)
  • 広島オフィス
  • 福岡オフィス
  • 札幌オフィス
  • 小倉オフィス

とあります。
(2020年7月28日時点、14拠点)

インフラエンジニア求人に関しても豊富に取り合いがありますのでぜひ活用してみてください。
ワークポートは未経験からのキャリアチェンジ転職にも強いです。
転職希望の方は相談をされてみてはと思います。

⇒ ワークポート 詳細はこちら

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITの母体は大手転職エージェント、マイナビですから地方の主要都市にも拠点があります。

  • 京橋オフィス(東京都)
  • 新宿オフィス(ミライナタワー)(東京都)
  • 神奈川支社(横浜市)
  • 北海道支社(札幌市)
  • 宮城支社(仙台市)
  • 静岡支社(静岡市)
  • 名古屋支社(名古屋市)
  • 京都京都(京都市)
  • 大阪支社(大阪市)
  • 兵庫支社(神戸市)
  • 福岡支社(福岡市)

(2020年7月28日時点、11拠点)

転職を希望する地方、近隣であれば相談されてみることをおすすめします。

地方も含めての豊富な求人数は、マイナビの強みといって良いでしょう。
マイナビエージェントITは非公開求人も多いことも特徴です。

インフラエンジニアの求人数も豊富に掲載されています。

引越予定、といった場合なども相談してみてください。
電話やメール、WEBツールなど活用し遠隔でもサポートを受けることが出来ます。

IT業界に精通したアドバイザーが希望条件、キャリアなどを元に求人を提案してくれます。

大手企業の求人からベンチャー企業まで、様々なインフラエンジニア求人を探すことが出来ます。

⇒ マイナビエージェント×IT 詳細はこちら

リクナビNEXT

地方のインフラエンジニア求人を探す場合、都市によっては上記でご紹介したような転職エージェントの他を探しても、拠点があるエージェントが無く利用が難しいケースもあると思います。

そうした場合には、リクナビNEXTの活用がおすすめです。

転職エージェントが拠点を置いていないエリアについてもインフラエンジニア求人を探すことが出来る場合が多く、情報収集に便利です。

転職を希望される地方によっては、思ったようにインフラエンジニアの仕事が見つからない可能性もあります。

場合により、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、社内SEなども含めてお探しになることも想定された方が良いかもしれません。

リクナビNEXTはエンジニア求人も非常に多く掲載しています。

⇒ リクナビNEXT 詳細はこちら

ITエンジニアが地方で転職するということ

IT求人は全般、首都圏、特に東京都に集中しています。

特に最先端技術を必要とする案件は東京が中心です。

それでも、近年は地方で働きたいというエンジニアは増えているそうですし、また今回のコロナによって働き方・生活の仕方を考え直し、地方で働くことを選択したい、というITエンジニアの方は多いのではないでしょうか。

エンジニアが地方在住で働くメリット・デメリットについて、最後にまとめてみたいと思います。

インフラエンジニアが地方に移住するメリット

インフラエンジニアが地方に転職し、生活しながら働くメリットです。

こうしたメリットに大きな魅力を感じ、地方への転職を希望されているのではと思います。

生活費・物価が安い

都市での生活と比較すると、地方は生活費や物価が安くなる地域が多いです。

家賃についても都市部と比較できないほど広い間取り、戸建てを借りたとしても安い、といったケースもあると思います。

物価についても、野菜なども輸送費が必要ない場合には、非常に安く購入することが出来ます。
住む場所によっては、近場に産直で購入できるお店などがあるかもしれません。
卵、野菜など農家さんの直売所などもあったりします。

ランチも地方都市は都内と比較して安いので、生活全般でコストを抑えることが出来ます。

給料・年収についても転職によって大きく落ちなければ、かえって可処分所得は増えて貯蓄もしやすくなるのではないでしょうか。

都市生活のストレスから解放される。生活しやすい、空気が綺麗

首都圏で暮らす場合には、通勤の満員電車(今はリモート、出勤時間差などでそうでもないかもしれませんが)が非常に大きなストレス・・・というエンジニアの方も多かったと思います。

しかし地方都市では満員電車になったとしても東京の満員電車ほどギュウギュウでは無いため、ストレスを感じることも減るはずです。

また空気も綺麗な地方では、自分自身、子供など家族の持病の喘息が治ったり、余暇に自然と触れあう事が増えた、といった健康・生活面の変化は大きく得られるでしょう。

地方だと戸建てを借りる、という選択肢も出てくると思います。

戸建てに住む場合には、多少子供がうるさくしても、どんどんジャンプをしたって問題無いでしょう。
自然も多いので、ノビノビ子育てがしやすくなるのは大きなメリットと思います。

残業は少ない

地方はエンジニア案件、インフラエンジニア案件が少ないため、残業が少なくなるエンジニアの方が多いのではないでしょうか。

複業(副業)をして稼ぐ、忙しくするという選択肢もありますが、地方への転職の目的が家族との時間を多く持つため、といったような場合には残業が少ないことは大きなメリットになるのではないでしょうか。

インフラエンジニアが地方で転職するデメリット

インフラエンジニアが地方に転職するデメリットです。

デメリットも理解した上で、転職されるのであればメリットの方が大きく感じられると思います。

最も大切なポイントとしては、やはりエンジニアの案件数が少ない、ということになるでしょうか。

エンジニア案件の数が少ない

地方にはIT企業自体が少なく、案件が少なくなります。

そのため、希望する業務内容、ポジションでの転職が難しいケースがあります。

転職によって年収が下がるケースが多い

地方に転職する場合、年収もどうしても下がってしまうケースが多いです。

年収が下がる額にもよりますが、生活費・固定費も安く抑えられるようにはなりますので、そこまで生活レベルが落ちることも無いのでは、とは思います。

転職前の年収によっては、かえって地方に転職することで可処分所得が増える、というケースもあるかと思います。

勉強会やセミナーに参加しにくい

都市部、特に東京では頻繁に勉強会、セミナーが開催されています。

最先端技術を学ぶ機会も得やすかったところが、地方ではそうした勉強会などが無い場合もあります。

エンジニアとして、スキルアップが難しくなる可能性はあります。

車が必須の場合も

どこに住むかにもよりますが、車が生活必需品になる場合も多いです。

車を購入するお金、ガソリン代、車検代、自動車税など維持費も増えることになります。

車を必要とする場合で運転免許が無い方は、免許取得の費用は時間も負担になる可能性はあります。

インフラエンジニアの地方転職、まとめ

地方勤務希望のインフラエンジニアの方も多いと思います。

地方で働きたい、という希望を実現するには転職するしかない、ということがほとんどだと思います。

東京に本社、支社があるとしても地方都市に複数支社を置く企業は少ないでしょう。
地方に住みながらリモートで仕事が完結することも難しいと思います。

そうなると、地方に拠点を置くIT企業に転職するのが現実的です。

しかし、地方のIT求人、インフラエンジニア求人は東京都と比較すると、非常に少ないです。

そのため、情報収集がとても重要となります。

地方のIT企業では、プラスのスキルがあると転職がしやすくなります。
一人で色々な仕事ができるエンジニアは歓迎されることが多いです。

今すぐ転職したい、というのでなければ地方で働くことができるスキルセットを意識されつつ業務経験を積まれるのがおすすめです。

インフラエンジニアとして地方への転職を希望される場合に、情報収集におすすめの転職エージェントをご紹介させていただきました。

⇒ 地方のインフラエンジニア求人を見つける方法

ぜひ希望の転職が成功するように、報収集に活用をおすすめいたします。

-インフラエンジニアの転職
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェント , 2020 All Rights Reserved.