未経験からインフラエンジニアに転職

インフラエンジニア未経験

未経験からインフラエンジニアに転職するには

未経験からインフラエンジニアに転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

インフラエンジニアは未経験からでもなれる!というけれど、実際、どうやって未経験から転職を目指したら良いの?と迷っている方も多いのではないでしょうか。

フリーターやニート、大学中退、既卒、第二新卒といった方にも未経験からインフラエンジニアになることを目指している方も多いと思いますし、30代で未経験からインフラエンジニアへの転職を目指している方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、未経験からインフラエンジニアに転職するにはどうしたら良いか、利用すべき転職エージェントや就活支援サービス、エンジニアスクールなどについて情報をまとめています。

未経験からインフラエンジニアに最短で転職するには

インフラエンジニアへの転職を目指している方も多いと思います。

ITエンジニアには様々な職種があります。

システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、WEB系エンジニアも色々とあります。

ITインフラは私たちの生活に無くてはならないものですし、今後さらに生活に密接になっていくものですから、さらにインフラエンジニアの需要が増えるといって良いでしょう。

将来的にも需要が安定しており、ITエンジニアの中でも未経験からも転職を目指しやすいのがインフラエンジニアです。

でも実際、

未経験からインフラエンジニアになるにはどうすれば良いの?

と思う方も多いでしょう。

全くのIT未経験。求人サイトで未経験歓迎のインフラエンジニア求人に応募しても、採用される気がしない・・・

実際にこれまで、リクナビやマイナビなどの転職サイトで、未経験可のインフラエンジニア求人に応募してみたけれど、書類選考も通らなかった・・・

という方もいるかもしれません。

どうすれば、内定率の高い就活や転職活動ができるでしょうか。

インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアの求人

求人サイトを利用して転職先を探す場合、まず求人の探し方が重要です。

インフラエンジニアで求人を掲載している会社もありますが、

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

で未経験可の求人を掲載している会社も多いです。

インフラエンジニアとしてキャリアを積む上では、いずれはネットワークもサーバーもどちらの知識・スキルも身に付けていくことになりますが、最初は、より興味のあるエンジニアの仕事を選んで転職活動をされると良いと思います。

興味のある仕事の方が、熱意のある志望動機を作れるはずです。

未経験から転職を目指す場合には、面接での志望動機のアピールはとても重要なものとなります。

色々と求人サイトを調べてみましたが、求人が多いのはリクナビNEXTです。

⇒ リクナビNEXT

リクナビNEXT インフラエンジニア求人数

リクナビNEXT ネットワークエンジニア求人数

リクナビNEXT サーバーエンジニア求人数

未経験者歓迎でも簡単に絞り込んでさらに求人を探すこともできます。

情報収集にぜひ活用してみてください。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、ITシステムを利用するために基盤を構築するエンジニアです。

今後、ますます需要が増えると考えられています。

比較的、未経験からでも転職しやすいと言われていますので、今回、未経験からインフラエンジニアへの転職を目指しているのでは、と思います。

ITインフラはハードウェアやOS、ミドルウェア、ネットワークなどのことをいいます。

インフラエンジニアはITインフラを設計・構築・保守運用する仕事を行います。

インフラの仕事は主に2つ、サーバーとネットワーク

インフラエンジニアの仕事は大きく2つに分かれます。

・サーバー
・ネットワーク

これらに加えて、最近はクラウドサービスの需要が伸びています。

そのため新たな職種として、クラウドエンジニアも需要が増えています。
将来性がありますので、インフラエンジニアとして経験を積んだ後は、クラウドエンジニアへの転職を目指すのもおすすめです。

将来的には、クラウドエンジニアへのキャリアパスを目指すとより活躍の場が広がるでしょう。

会社によっては、インフラエンジニアからがAWSなどクラウドを扱うケースも多いです。

そのため、まずはインフラエンジニアに転職し、キャリアアップを目指す方法が近道といえます。

20代が未経験可インフラエンジニアの求人を探すには

未経験からインフラエンジニアへ転職を目指す方として、20代の方はやはり多いと思います。

大学中退や既卒になり、フリーターやニートから正社員就職をどうしようかな、という場合に、

  • 手に職をつけられる仕事
  • 未経験歓迎の求人が多い職種
  • 需要の多い仕事
  • 将来のある仕事
  • そこそこ年収が高い仕事

ということで探していくと、ITエンジニアの仕事、インフラエンジニアに興味をもつ方も多いのではないでしょうか。

求人サイトで探す

求人を探す方法として、先ほどもインフラエンジニアやネットワークエンジニア、サーバーエンジニアの求人数が多いということで、

⇒ リクナビNEXT

をおすすめさせて頂きました。

20代向け就職支援サイトで探す

リクナビでも未経験OKのインフラエンジニアが多数見つかりますし、20代フリーター向け就職支援サイトを利用してもインフラエンジニアの求人を紹介してもらえることがあります。

20代向け就職支援サイトを利用し、サポートを受けた方が内定率は高いです。
ぜひ活用をおすすめしたいと思います。

⇒ ハタラクティブ

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

などは就職の職種割合でITエンジニア職が比較的、多い就職支援サイトとなります。

無料で利用出来ますので、ぜひ相談してみてください。

情報収集にもおすすめですよ。

30代、未経験からインフラエンジニアに転職するには

30代の未経験からでも、インフラエンジニアに転職する事は可能です。

年齢的には20代よりも転職は難しくなりますが、30代未経験を採用している企業もありますので、本人のやる気次第といえるでしょう。

そういった意味では、人手不足の業界の仕事を狙うのはやはり重要といえます。

30代になると、やはり全くの未経験のまま求人に応募してインフラエンジニアに転職するのは難しいです。

転職に向けての準備が重要となります。

インフラエンジニアに関連した資格の勉強

です。

ネットワークエンジニアを目指すのでしたら、CCNA。

サーバーエンジニアを目指すのでしたら、LPIC。

資格取得をぜひ目指してみてください。

資格取得に成功すれば、転職成功の可能性がかなり高くなります。

30代からインフラエンジニアに転職をする場合、採用される可能性が高いのはSES会社です。

客先常駐エンジニアとしての採用を狙うことが出来ます。

⇒ リクナビNEXT

が情報収集に便利です。

30代 未経験からのインフラエンジニア転職では、大手企業は諦める

未経験、30代ということで企業の規模などにこだわっていては転職は難しくなります。

そのため、大手企業への転職は最初は諦めましょう。

年齢的に考えて、狙い目はSES会社会社のインフラエンジニアです。

客先常駐の働き方にはなりますが、正社員としての採用となります。

将来的に経験を積んでからの転職を目指すことは可能ですから、まずはインフラエンジニアとしてキャリアをスタートできることを優先されることをおすすめます。

エンジニアの仕事は学歴不問、技術力重視となりますので、経験を積んでいけば大手や優良企業への転職を目指すことも可能です。

まずは、インフラエンジニアに転職することを目指すことが重要となります。

ただし、転職先の企業の口コミなどは調べてみて、ブラックな働き方が多くなりそうなSES会社は避ける必要があるでしょう。

スクールでスキル・技術を学び、未経験からインフラエンジニアへ転職する

インフラエンジニアになるには、先ほどもご紹介をしましたが、

  • 求人サイト
  • 就職支援サイト

などを利用して求人を探す方法がおすすめです。

IT未経験の方は、転職エージェントは利用するのは難しい(断られる可能性が高い)のでこうした方法をおすすめしたいと思います。

エンジニア経験ありの方は、キャリアチェンジ転職で転職エージェントを利用することは可能です。

他にはエンジニアスクールなどを利用して、インフラに関しての知識、スキルを身に付けてから転職活動をするという方法もあります。

こちらも転職の成功率が上がりますので、おすすめの方法です。

こうしたスクールの多くは、転職支援もセットになっていることもポイントですね。

学ぶための時間を確保できるのでしたら、内定率が高いこうしたエンジニアスクールを利用するのも検討してみてください。

無料と有料のエンジニアスクールがあります

スクールを利用して知識を学び、その後で転職を目指す場合、

  • 有料
  • 無料

のスクールがあります。

学ぶ内容にもよりますが、有料の場合には数十万円するスクールが普通ですから、かなりの投資額といえます。

ちなみに、高額なオンラインスクールなどを利用しても挫折する人もいることは、申込みの前に注意した方が良いでしょう。

フリーターやニートなどの方の場合、費用を出すのが難しいといったお金の問題もあるでしょうから、無料で利用出来るスクールをこの後、ご紹介しています。

ウズウズカレッジ

ウズカレは未経験からITエンジニアを目指す就活支援となります。

無料で利用でき、インフラエンジニアについて学ぶことが出来る就活支援サービスです。

就職内定率86%

研修を受けながら就職を目指せます。

「インフラエンジニアコース」

「プログラマーコース」

があります。

ITに関してのスキルを学びながら、就職を目指すことが出来ます。

詳細は公式サイトでご確認になってみてください。

⇒ 【ウズウズカレッジ】

GEEK JOB

GEEK JOBは20代向けのサービスです。

ITエンジニアへ転職、キャリアチェンジを目指す方向けに無料のオンライン学習を提供しています。

GEEK JOBでは、未経験からインフラエンジニアを目指す方向けにも、完全無料の就職支援を行っていますので、活用してみてはいかがでしょうか。

転職成功率は97.8%

未経験からインフラエンジニアに最短で転職することが可能です。

⇒ 【GEEK JOB】

未経験からインフラエンジニアに転職成功するには

未経験からインフラエンジニアに転職するための方法をご紹介しました。

ITエンジニア職の中ではインフラエンジニアは、未経験からでも転職を目指しやすい職種となります。

転職成功率が高いのは、就職支援サイトを利用して面接対策などのサポートを受けながら探す方法です。

ただ就職支援サイトの多くは20代向けのサービスとなりますので、30代未経験からインフラエンジニアへの転職を目指している方は、資格取得などを目指しつつ転職活動という方法が良いのではないでしょうか。

またスクールで知識・スキルを身に付けて転職を目指す方法もあります。

スクールによっては年齢制限が特に無いものもあります。

ITエンジニア職の中では、インフラエンジニアは未経験からでも目指しやすい職種です。

IT業界が全くの未経験、という方は就職支援サービスやスクールを利用しての就活がおすすめです。

こうした転職活動の方法を利用し、未経験からのインフラエンジニア転職を成功させてください。

-インフラエンジニア未経験
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職おすすめ , 2020 All Rights Reserved.