フリーランスインフラエンジニアの年収アップ

フリーランス

フリーランス インフラエンジニアに必要なスキル

フリーランスインフラエンジニアとなって今よりも自由な働き方をしたい!

高年収を実現したい!目標は年収1000万円のフリーランスインフラエンジニア。

会社員をしていると、なかなか年収アップもしませんよね。
勤めている会社が請ける案件によって仕事が決まる、ということもありますが今の働き方に不満やストレスを多く抱えている・・・というエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

フリーランスインフラエンジニアになることに興味はあるけれど、どういったスキルや経験があればなれる?

という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーランスインフラエンジニアに必要なスキルについてご紹介いたします。

フリーランスインフラエンジニアになるメリット

フリーランスインフラエンジニアのメリット

正社員としての今の働き方に不満、ストレスがあって・・・フリーランスの働き方に興味がある、というインフラエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

フリーランスインフラエンジニアのメリットについてまとめてみました。

フリーランスインフラエンジニアは自分で案件を選べる

フリーランスのインフラエンジニアになることで、案件を自由に選びやすくなります。

会社員の場合には、上司からの指示の元、客先常駐案件に参加することになりますので、場合によっては短期間で遠方から遠方の客先常駐で通勤で疲れてしまう・・・といったこともあるかもしれません。

最近、やらされ感が辛くて・・・といった方もいるかもしれません。

フリーランスになると、自分で決めて参画する案件獲得に動くことになります。
ただ、エージェントを利用して探す場合には、負担は少ないので楽と言えます。

経験、スキル次第で高年収が得られる

フリーランスインフラエンジニアの年収は決まっていません。

全ては、自分自身の能力次第といったことになります。

経験、スキル次第では会社員の頃の年収よりも遙かに高年収を得ることも可能ですから、これがフリーランスになる一番の魅力、という方も多いでしょう。

最初は月額単価が低めであっても、経験を積むことで単価アップしていくことが出来ます。

そうなると、フリーランス2年目で年収が100万円以上アップする、といったこともあるでしょう。

スキル、経験次第ではフリーランスインフラエンジニアとして年収800万円以上は十分に稼ぐことが可能です。

PM経験などの経験やプラスアルファでスキルがあると、年収1000万円以上も見えてきます。

フリーランスはスキル次第で高年収が見込めることが、大きなメリットです。

フリーランスインフラエンジニア、需要はあるの?スキルは?

でも、フリーランスは仕事の不安定さが心配で・・・といった方もいるかもしれませんが、こと東京都に関してはインフラエンジニア案件は豊富です。

でもフリーランスインフラエンジニアになるには、かなりの経験を積まないと、なるのは難しいのでは・・・?

と思う方も多いと思います。

しかしインフラエンジニア2年目、3年目からフリーランスのインフラエンジニアとして活躍されている方も多いです。

エージェントを利用すれば、アドバイザーが経験に応じて案件の提案をしてくれますので安心です。

「これからフリーランスインフラエンジニアとして仕事をしていきたいんだけど・・・自分の経験で案件は見つかる?」

といった相談も可能です。

インフラ領域(サーバー、ネットワーク)に強いフリーランスエージェントに相談することで、キャリアについて考えやすくなります。

⇒ レバテックフリーランス

最大手のフリーランスエージェントとして、インフラエンジニア案件も豊富です。

アドバイザーも技術に詳しいので、キャリアについての相談もしやすいと思います。

フリーランスで鍛えて、会社員として再び転職されるインフラエンジニアの方もいます。

フリーランス インフラエンジニア 必要なスキル

フリーランスインフラエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアのインフラエンジニアとして仕事を請けるためには、スキルが必要です。

フリーランスエンジニアインフラエンジニアに必要なスキルとして、主に次の5つを挙げることが出来ます。

将来的にフリーランスエンジニアインフラエンジニアを目指したい、という方もぜひこうしたことを頭の片隅に入れておかれると良いのではないでしょうか。

ネットワークとサーバーの基礎知識

インフラエンジニアとして必ず必要とされる知識がネットワークとサーバーの基礎知識です。

「フリーランスになるには、どれくらいの知識が必要になるのだろう・・・?」

と不安になる方もいるかもしれませんが、基礎的な知識があれば十分にフリーランスエンジニアインフラエンジニアとして仕事をすることが出来ます。

ネットワークに関しては、無線LAN、イーサネット、ルーティング、TCP/IP、スイッチなど。

サーバーに関しては、Windows、Linux、Unixのスキルなど。
Linux、Windowsの企業も多いので必須といえるでしょう。

2年目でフリーランスといった方もいらっしゃいますので、業務をこなしていれば身に付く知識があれば十分にフリーランスでも活躍出来るでしょう。

資格取得していれば、クライアントにも知識レベルを伝えやすくなります。

AWS、Azureなどクラウド関連のスキル

需要が高まっているのが、AWS、Azureなどクラウドサービスです。

フリーランスエンジニアインフラエンジニアとして、仕事を広げていくのであればクラウドサービスの知識は欠かせません。

AWSは特に高単価の案件が多いので、年収アップを目指すフリーランスエンジニアインフラエンジニアの方にはぜひ取り組んでいただきたい案件です。

  • AWS
  • Azure(Microsoft Azure)
  • Google Cloud Platform(GCP)

の3つが特に市場で多いクラウドサービスとなっています。

AWSは無料で1年間利用できますから、実際に触ってみることもできます。

コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアインフラエンジニアにとって、コミュニケーション能力はとても重要です。

フリーランスには会社員以上にコミュニケーション能力が求められるといって良いでしょう。

クライアントが求めるものを把握し要件をまとめるためにも、欲しい月額単価で仕事を請けるための交渉、トラブル時のコミュニケーションも言うまでもなく大切です。

説明能力、調整力、交渉力など様々なものを含め、コミュニケーション能力はフリーランスエンジニアインフラエンジニアとして仕事をしていく上で重要になります。

セルフマネジメント能力(自己管理能力)

フリーランスエンジニアインフラエンジニアに限りませんが、独立して働くことになると自己管理能力は必須です。

客先常駐がメインの場合には、決まった時間に客先に行って業務開始、となるでしょうけれどそうしたことが無い日は、いつ仕事を始めても良いことから始業が遅くなることも。

仕事もどんどん請けることもできれば、仕事を請けない期間も作れるなど自由度の高い働き方できるのがフリーランスの魅力ですが、セルフマネジメント能力の低い方は、うまく仕事を回せなくなる可能性もあります。

営業スキル

フリーランスインフラエンジニアにとって重要なのが営業スキルです。

営業スキルがないと仕事を継続的にうまく獲得できないため、収入が不安定になります。

収入の不安定さはフリーランスのデメリットですが、営業スキルがあることでかなり回避できるようになります。

東京都や大阪といった都市部に関してはフリーランスエンジニアインフラエンジニアの需要も多く、案件も多いです。

エージェント経由で案件獲得をすることができますので、そこまで心配はないかと思います。

フリーランス インフラエンジニアに必要なスキル、まとめ

フリーランスエンジニアインフラエンジニアになるために必要なスキル、継続して活躍していくために必要なスキルの代表的なものをご紹介しました。

これらの他にも、フリーランスにとって必要な知識として税務関連・確定などもありますが、確定申告は年に1回ですしエージェントでもサポートを受けられることもあります。

ただ、領収書などは普段から保管するようにはされておいた方が良いでしょう。

フリーランスエンジニアインフラエンジニアのとって重要なのはスキル・経験となります。

スキルが低いと単価も安くなります。

プロジェクトが完了すれば経験も増えているでしょうから、次の仕事では単価アップの交渉をしてみるなども良いかもしれません。

フリーランスエンジニアインフラエンジニアは自分の稼ぎが全てとなります。

エージェント経由で高単価の案件を紹介してもらってください。

⇒ インフラエンジニアにおすすめ転職エージェント

複数のエージェントを利用する事で安定的に案件獲得もできますし、フリーランスエンジニアインフラエンジニアとして自分の市場価値を把握しやすくなります。

-フリーランス
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2022 All Rights Reserved.