キャリアチェンジ

インフラエンジニアからWEBエンジニアになるには

インフラエンジニアからWEBエンジニアへ

WEBエンジニアへ転職を目指すことは可能です。

エンジニアとしての将来性を考えて、今のうちにインフラからWEB系にキャリアチェンジしたい、というインフラエンジニアの方も多いかもしれません。

今までのインフラエンジニアの仕事からWEBエンジニアになるということはキャリアチェンジの転職となりますので、転職にあたり準備が必要になりますし、転職してから困らないようにWEBエンジニアの働き方について理解をしておくことも大切だと思います。

SIer(インフラ)からWEBエンジニアに転職したとき、戸惑うのは仕事の進め方ではないでしょうか。

実際にインフラエンジニアからWEBエンジニアになる場合、求人を見つける方法としては転職エージェントを活用する方法がおすすめです。

インフラエンジニアからWEBエンジニアになる

WEBエンジニアの需要は今後さらに増えると考えられますし、仕事内容もインフラよりも多様で面白そう・・・インフラからWEBに移りたいな。

実は元々、インフラエンジニアではなくてWEBエンジニアになりたかった。

WEBエンジニアの方が稼げそう、将来性がありそう。

といったようなことから、インフラエンジニアからWEBエンジニアになりたい、転職したいとお考えになっている方も多いのでは、と思います。

インフラエンジニアからWEBエンジニアになる場合、決断したら行動は早い方が良いでしょう。

キャリアチェンジ転職となる場合には、基本的には若い方が転職には有利です。

それに今までのインフラの知識、スキルも活かすことができます。

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職するメリット

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職する場合、全くの未経験から転職を目指す人よりは有利に転職活動をすることができます。

WEBエンジニアにはインフラ知識も必要

WEBエンジニアの仕事の範疇にはインフラも含まれます。

WEBエンジニアも案件によっては、データベースやサーバなどのインフラを構築することがあります。

バックエンドを担当する場合、インフラの知識・スキルが必要になります。

インフラエンジニア出身の方は、転職時にインフラ知識が当然ありますので、仕事をしやすいでしょう。

WEBエンジニアにとって、案件を広げるためにはインフラ知識はとても重要です。

クラウドの時代になり、クラウド周りのインフラ知識も重要になってきています。

将来的にフリーランスで独立することも視野に視野に入れている方もいらっしゃるかもしれません。

フリーランスになるときも、WEBエンジニア+インフラエンジニアの知識・スキルは大きな武器になるはずです。

インフラエンジニアからWEBエンジニアになるために早速、転職活動を始める

インフラエンジニアからWEBエンジニアになるには、求人を見つけることが必要です。

WEBエンジニアに必要なスキル、言語については同時進行で学習するのでも良いと思います。

  • PHP
  • Java
  • Ruby

こうした言語をマスターしてから転職活動をしよう、と思っていては時間が過ぎてしまい、タイミングを逃すこともあります。

転職では1歳年齢が上がるごとに難易度も上がってしまいます。

それに本当に身に付くのは仕事で切羽詰まったとき、ということも言えますね。
ただ、先に資格を取得して転職のアピールに使いたい、といった場合には別です。

未経験歓迎の求人もあり、WEBエンジニア求人

業界経験者なら未経験でも歓迎、といったWEBエンジニア求人もあります。

インフラエンジニアとして働いていきたい経験があれば、こうしたWEBエンジニア求人を中心に探して応募することで、転職成功の可能性を上げることが出来ます。

転職活動にはエンジニアに特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

交渉力の高いエージェントなら、WEB未経験であっても、インフラ知識・スキルを活かせる企業に交渉して転職の可能性を広げてくれることもあります。

例えば、転職エージェントの中でも、

⇒ レバテックキャリア

は扱っているIT専門の中ではエンジニア求人数も多い大手転職エージェントです。

WEB系の転職支援にも強く、コンサルタントも知識が豊富なためキャリアチェンジ転職支援にも大きな役割を果たしてくれるはずです。

他には大手転職エージェントでWEBエンジニア求人が豊富なところでは、

⇒ マイナビエージェント×IT

もおすすめです。

インフラエンジニアからWEBエンジニアへの転職は十分可能です

インフラエンジニアの働き方がもう限界、キツい、といったことから転職を考えて、WEBエンジニアになることに興味を持った、という方もいるかもしれません。

WEBの仕事がインフラより面白そう!

実は本当はWEBエンジニアになりたかったんです・・・縁があってインフラエンジニアになりましたけど、やっぱり今から目指したい!

色々な転職理由があると思います。

(本音の転職理由がネガティブでも、面接ではポジティブにアピールすることが大切ですね)

今だと、働き方を見直しているエンジニアの方も多いと思います。
リモートワークのしやすさ、といった視点からWEB系の仕事に興味を持ったインフラエンジニアの方もいらっしゃるかもしれませんね。

WEBエンジニアへの転職でおすすめ言語

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職を目指す場合、やはり独学でもWEBエンジニアとして必要となる知識、言語などは学んでおいた方が転職には有利に働きます。

サーバサイドシステムの開発経験があると、かなり転職成功の可能性が高まります。

現職エンジニアの方は、忙しくて時間的に厳しいかもですが、休日などを利用されてコードを書くなどされてみてはと思います。

プロジェクト的には少人数での「アジャイル開発」が中心となります。

そうしたWEB系企業ならではの開発手法についても事前に知っておかれると、スムーズに転職活動に入っていけるのではないでしょうか。

転職体験談を調べていくと、30代でもSIerやインフラエンジニアからキャリアチェンジ、WEBエンジニアに転職成功している方も少なくありません。

WEBエンジニアになるために必要な言語

WEBエンジニアに転職を目指す場合、需要の高い言語を学んでおかれると転職しやすくなります。

中途採用の場合、より即戦力のエンジニアが採用されやすくなります。

求人数や需要などを考慮し、おすすめの言語は以下となります。

  • PHP
  • Java
  • Ruby

WEB系ではRubyやPHP、Java、Pythonなどのスクリプト言語をよく利用して開発が行われます。

中でもPHPはかなり需要が高いです。

扱えると応募可能な求人も増えますので、おすすめです。

PHPはWebサービスの開発に特化した言語。

他のプログラミング言語と比べても文法的にも簡単、初学者でも理解しやすい言語というメリットもあります。

WEB系の知人にアドバイスを貰っても、まずはPHPからがおすすめ、といわれることも多いのではないでしょうか。

Javaも学習は難しいと言われますが、スキルがあると応募出来る求人が広がります。

WEB系エンジニアもきつい?

インフラエンジニアからWEBエンジニアになりたい転職理由も色々と思います。

(WEBエンジニアの仕事に興味があるのは当然と思います)

実はインフラエンジニアの仕事がキツくて・・・限界、違うエンジニアにキャリアチェンジしたら楽に働けるかな?

ということが本音の転職理由、という方もいるかもしれません。

激務、夜勤あり不規則な勤務がきつい

インフラエンジニアからの転職理由の一つではないでしょうか。

こうしたネガティブな転職理由の場合、転職先選びはより慎重になることをおすすめします。

WEBエンジニアも企業によっては忙しく、残業が多くなります。

転職してからの方が残業が増えてキツい、辞めたい・・・

とならないようにする必要があります。

WEBエンジニアの仕事がはインフラエンジニアとは全く異なり、アジャイル開発となります。

このスピード感に戸惑うことも多いようです。

納期前に変更、機能追加も当たり前、といったことも多いので最後は体力勝負となることも想定しておく必要があるでしょう。

特に転職直後はスキルも高くないため、負荷も大きくなりがち。

転職してからの働き方について情報を持つのは転職エージェントです。

普段からの残業時間や、開発案件の進め方なども情報を貰いつつ、応募を検討される方法がおすすめです。

人先の企業の情報に詳しい転職エージェントを活用して、しっかりと情報収集されての転職活動が良いでしょう

インフラエンジニアからWEBエンジニアになるための、おすすめ転職エージェント

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職したい、という場合、転職エージェントの活用がおすすめです。

今までの経験、スキルとベースにして転職しやすいWEB開発会社を探してもらうことができます。

電話面談にも対応してもらえるところが増えていますので、心配な方は相談してみてください。

リモートで面接できる企業も増えていますので、地方からの転職なども今の方が有利といえそうです

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニアに特化した転職エージェントです。

求人数が非常に多く、フロントエンド、バックエンドどちらのエンジニア求人数も多く情報収集におすすめです。

インフラエンジニア求人も多く、大手企業への転職を目指したい時などにも相談をしてみてください。

アドバイザーの技術的な知識が高いことも高評価となっているエージェントです。

⇒ レバテックキャリア 詳細はこちら

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT

全国対応、エンジニアの求人数では業界トップクラスのマイナビエージェントITです。

IT・WEBエンジニアの求人数が豊富です。

東京、神奈川など首都圏のみならず、大阪、名古屋、福岡などの他、長野、静岡、広島など地方の求人も取り扱っています。

転職エージェントの中には地方は対応していないところも多いので、地方にお住まいのエンジニアの方にもおすすめです。

IT・Web業界に精通した優秀な担当者が多く、提案力の高さでも評価されることが多いことも特徴です。

マイナビエージェントはサポートの手厚さでも定評のあり、安心して利用できる転職エージェントとしてもおすすめです。

⇒ マイナビエージェント×IT

ギークリー

ギークリー

IT・Web・ゲーム業界専門の人材紹介会社がギークリーです。

WEBエンジニア求人も多く数取り扱いがあります。

スピード感のある転職支援が特徴です。
早く転職先を決めたい、退職しているので早くWEBエンジニアとして働き始めたい、といった場合などはギークリーが良いかもしれません。

WEB系に強い転職エージェントです。

中でもゲーム領域の求人については非常に強みを持っていることが特徴といえます。

⇒ ギークリー

ワークポート

ワークポートは全国対応の転職エージェント、求人数が豊富です。

IT・Web系のエンジニア求人に強い、老舗の転職エージェントとなります。

キャリアチェンジを目指すエンジニアの転職支援にも強みがあります。

求人数は業界トップクラスとなります。

⇒ ワークポート

-キャリアチェンジ
-, ,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェント , 2020 All Rights Reserved.